最近の記事

2009年08月14日

【クイーンS】スペルバインド持ったまま躍動!!

(記事引用)
真夏の牝馬決戦「第57回クイーンS」の木曜追いが13日、札幌競馬場で行われ、スペルバインドが横山典弘騎手(41)を背に軽快なフットワークを披露して態勢を整えた。馬群にひるまない勇敢さが持ち味。作戦自在の鞍上に導かれ、格上挑戦で初重賞を獲りにいく。

 派手なアクションはなくても、出来の良さはしっかりと伝わった。ハロー(馬場整備)明けを単走でスタートしたスペルバインド。序盤はゆっくりと進んだが3角付近からグッとスピードを上げた。直線。横山典の手は動かないが躍動感たっぷりの四肢の動き。もっと走りたいという気持ちを十分に高めてフィニッシュした。ラスト13秒5という時計以上に、スピードを感じさせる走りだった。


 

人気ブログランキングへ
「いい馬だったよ。順調だし、いいんじゃないか」。シンプルな言葉で好感触を表現した横山典。影山助手も「行かせればグッと行きそうな感じでいいねとジョッキーは話していたよ」と笑顔を見せた。「札幌入厩後、カイバ食いもいいし、調整過程も順調。前走(博多S5着)は最終追いこそ上々の動きだったが、1週前は物足りなく感じさせた。ラストで伸び切れなかったのは、そのあたり。1回使った今回はいいはず」と叩いての上積みを強調した。追い切り前に鞍付きで計測して510キロ。前走(508キロ)よりシェイプアップして出られそうだ。

 札幌が合いそうなのも買い材料。07年のデビュー戦(3着)ではレインボーペガサス(後にきさらぎ賞優勝)に先着した。正月に新春S(1600万)を勝った時が後方からのイン強襲。前走も敗れたとはいえインから攻めていった。狭いスペースを怖がらず、果敢に突くことができる勇敢さは、小回りの札幌芝で大きな武器となる。今回コンビを組む横山典もイン強襲は大得意。格上挑戦でもコースロスなく乗れれば、互角に戦える可能性は十分。

 「京都牝馬S(6着)でも大きく負けていないし、素質的には通用していい。チャンスはあるはず」。影山助手は力強く締めくくった。

posted by coco at 11:10| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125677431
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

第57回北海道新聞杯クイーンステークス(GIII) 枠順確定
Excerpt: 第57回北海道新聞杯クイーンステークス(GIII)の枠順が確定しました。 真夏の牝馬重賞第57回北海道新聞杯クイーンステークス(GIII)の枠順です。 今年の北海道の女王はどの馬になるのでしょうか..
Weblog: JRAに負けない馬券の買い方ガイド
Tracked: 2009-09-14 12:26
SEO対策:無料:競馬:情報:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。